美容

MENU

アラサーからはマナーとしてのパンチラ防止

風がものすごく強い日などには、ふわりとめくれそうなスカートを履くことはよしています。

 

なぜなら、周囲に迷惑がかかりますので。おそらく男性側からすれば、三十路のスカートがめくれて、パンツでも見てしまった日には、気分がいいものではないでしょう。

 

なおかつ、私が被害者面で「どこ見てんのよ!」と、昔懐かしの青木さやかバリの目線を送ってしまったら、男性側からすれば「こっちだって見たくてみたんじゃないんだよ!

 

こっちの被害も考えろ!」となんて返されてしまったら、パンツが見えてしまった件はおいておいて、おそらくその言葉に対するケンカに突入するでしょうね。

 

そりゃあ男性だって、若い女性のパンツならば良いでしょうけれど、オバさんのパンツなんて見たくないことでしょう。

 

しかし、こちらも引くに引けない…というような事態を防ぐために、アラサーに入ってからはスカートを自粛しています。とくに強風の日などは。